茨城県立産業技術短期大学校

Ibaraki Prefectural Junior College of Industrial Technology

人材育成交流プラザを行いました

コメント

 12月4日(金)に令和2年度人材育成交流プラザが行われました。
今回はコロナウイルスの感染者数が増えていることから当初の計画を変更し学生は,本校実習室等8箇所に分散してオンラインにて実施しました。
学生は卒業生と交流が出来,就職への不安を払拭できたようです。

実施に関して,大きなトラブル等は発生せずに円滑に進行することができました。
進行は学生が努め,職員は通信トラブル発生時に対応ができるようにモニターに努めました。
横浜(人事部),日立(事業部)の2箇所から参加していた企業もあったほか,これまで参加することが無かった中堅クラスの卒業生が参加することができました。
オンラインでの実施は時間的、場所的制約が少なく企業にとっても参加がしやすいのではないかと感じました。

参加された短大OBから職業人としての心構えやIT業界のこと,就職活動などについての助言などを頂き  在校生からも非常に有意義な時間だったという声が多かったです。